網站導覽  
美國WPI產品
 
美國 Taconic Biosciences
 
美國 The Jackson Lab
 
日本IAR實驗動物
 
閉鎖群 Closed Colony
 
遠交系大鼠 Outbred Rat
 
近交系小鼠 Inbred Mouse
 
免疫缺陷小鼠 Immunodeficiency
 
疾病模式大鼠
 
疾病模式小鼠
 
各種實驗動物
 
Tg實驗動物
 
實驗動物特殊飼料
 
日本實驗大鼠、小鼠
 
疾病模式動物
 
 

 Jcl:SD
 
 
  Wisconsin大学(USA)R.W.Dawleyが、大型のHoodedのオスラットとWistar系を起源とする雑種のアルビノのメスラットを交配し、SD系の基礎となるラットを確立したといわれています。そのラットは作出者Dawleyの妻の旧姓SpragueをとってSprague Dawleyと命名したというエピソードがあります。Charles River(USA)から日本クレア(株)に導入され、生産供給を開始しました。その間に、下記のように呼び名が変わり現在に至っています。
  • SD-JCL(供給開始~1971年)
  • JCL:SD(1972年~1980年);日本実験動物協会の取り決めによる変更
  • Jcl:SD(1981年~現在);国際登録による変更
 
 
 大型で温順なアルビノラットです。
 
 
安全性試験を始め薬理・毒性・生化学・栄養・その他幅広い研究分野に使用されている汎用系統(General purpose)ラットです。
 
 

 
 
 
關於太和實驗動物實驗儀器設備飼育管理儀器手術解剖器具美國WPI產品聯絡我們首頁